ついに「米子公演」が開幕!
オープニングセレモニーを開催しました。

ハッピードリームサーカス米子公演が本日開幕し、午後12時30分よりオープニングセレモニーを開催いたしました。
オープニングアクトを飾っていただいたのは「鳥取荒神神楽(こうじんかぐら)研究会」の皆様です。
「鳥取荒神神楽研究会」は、「神楽」を研究し広めていくことを目的に平成23年に設立された団体で、20代の若い方々を中心として年間80回以上の公演を行うなど精力的な活動を展開されています。本日ステージ上で優美な神楽の舞を披露していただき、会場全体が神聖で厳粛な空気に包まれました。

神聖な神楽の舞
まず最初に、主催者を代表して、
BSS山陰放送 代表取締役社長 坂口吉平よりご挨拶申し上げました。

続いて、ご来賓の皆様をご紹介させていただいた後、ご来賓を代表して
鳥取県知事 平井 伸治 様、
米子市長 伊木 隆司 様 代理 米子市 経済部 文化局 スポーツ振興課長 長谷川 秀樹 様、
日吉津村長 石 操 様よりご挨拶をいただきました。


鳥取県知事 平井 伸治 様
最後に、主催者およびご来賓によりテープカットを行い、公演日数60日間、総公演数124回にも及ぶ「ハッピードリームサーカス米子公演」が正式に幕を開けました。


テープカットにより米子公演が正式に開幕。

(左から)
イオンモール日吉津 ゼネラルマネージャー 渕上 幹雄 様
米子市長代理 米子市 経済部 文化局 スポーツ振興課長 長谷川 秀樹 様
鳥取県知事 平井 伸治 様
日吉津村長 石 操 様
BSS山陰放送 代表取締役社長 坂口 吉平
ドリームサーカス 取締役会長 真枝 功一


セレモニー終了後、初公演を披露。
「ハッピードリームサーカス米子公演」は、11月12日(月)まで、「イオンモール日吉津」北側駐車場の特設会場にて開催しております。鳥取県の皆さまのご来場をアーティストおよびスタッフ一同心よりお待ちしております!