ハッピードリームサーカス周南公演が本日開幕し、
午後12時30分よりオープニングセレモニーを開催いたしました。

地元山口市のハワイアンチーム「ナ・マヌヒヴァヒヴァ・フラ・スタジオ」の皆さんによるオープニングショーダンスでセレモニーが華やかにスタート。

最初に、イオンタウン周南10周年記念として当公演にご協賛をいただいているイオンタウン株式会社 エリアマネージャー 後藤 和裕 様よりご挨拶をいただきました。

続いて、ご来賓を代表して山口県社会福祉協議会 専務理事 藤田 潔 様よりご挨拶をいただきました。また、ハッピードリームサーカスが福祉施設の皆さまをご招待する社会活動に対しての感謝のお言葉もいただきました。

最後に、主催者、ご来賓等によりテープカットを行い、公演日数46日間、総公演数108回にも及ぶ「ハッピードリームサーカス周南公演」が正式に幕を開けました。

(右から)
KRY山口放送 取締役 編成業務局長 高村 長生
イオンタウン株式会社 エリアマネージャー 後藤 和裕 様
周南市 観光交流課 課長 河津 浩之 様
山口県社会福祉協議会 専務理事 藤田 潔 様
ドリームサーカス株式会社 取締役会長 真枝 功一

オープンセレモニーに続いて行われたプレ公演では、周南市役所、山口県小学校校長会、山口県老人クラブ連合会をはじめ、地元の社会福祉施設、幼稚園、保育園など6団体を含むご来賓・招待客550名に鑑賞いただきました。周南地区では久々のサーカスとあって事前の期待も高く、目の前で繰り広げられる熱のこもった迫力ある演技に「うゎー!」と感嘆の声も上がっていました。

9月3日(月)まで、「イオンタウン周南」第2駐車場(西側)の特設会場にて「ハッピードリームサーカス周南公演」を開催しております。山口県の皆さまのご来場をアーティストおよびスタッフ一同心よりお待ちしております!